どこからが副業なのか〜法律から線引きをして正しい知識で生み出す副収入

近年副業ニーズが高まっており、副業を認める企業も徐々に増えてきています。では、何をしたら副業と認識されるのでしょうか。

柔軟な働き方を実現するために、近年副業ニーズが高まっており、副業を認める企業も徐々に増えてきています。では、何をしたら副業と認識されるのでしょうか。パチンコで勝った儲けや、メルカリで私物を売るのはどうでしょう。アフィリエイトは副業のような気もします。

まずはそんは副業の「線引き」を解説していきます。

より詳しく学びたい方はWeb無料セミナーもご視聴ください

副業の定義とは

副業は「本業以外で収入を得ている仕事」であり、法律上明確な定義はありません。つまりメルカリもパチンコもアフィリエイトも、広義の副業には含まれるのです。でも、「副業禁止の企業に勤めているからパチンコ屋に行けない」といった話は聞いたことがありません。なぜなのでしょうか。

それには「職業選択の自由」という憲法が絡んできます。職業選択の自由とは、日本国憲法の第22条第1項に定められている自由権の1つで、

「何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する」

というものです。つまり本業以外の時間にお金を稼ぐということ自体は、憲法上問題ないということです。

ただし、副業の労働時間について憲法では定められておらず、無制限に働いていいということではありません。過去の事例から、副業によって本業を解雇される条件は以下のようにまとめることができます。

  • 副業で深夜勤務を行なっていた影響で、本業の仕事がまともに遂行できない。
  • 本業の就業時間にも関わらず、副業を行なっている。
  • 競合他社で副業を行い、本業の企業に損害を与える。
  • 本業の企業の信用を損なうような副業を行う。

このような副業に該当してしまうと、企業は「その副業はだめ」と言って然るべきであり、裁判を起こしたとしても勝てないでしょう。あくまで本業に支障が出ない範囲の労働時間と労力で、副業を行うことは守らなければいけません。

就業規則は会社によって異なる

勤務先の企業によって副業を容認する範囲は異なります。なので、実際に副業を始めたい場合はまずは就業規則を確認してみてください。

公務員は副業禁止とされているイメージが強いですが、厳密にいうと副業の制限が厳しいということになり、認められる副業もあるのです。例えば、公務員が不動産投資を行う場合は、独立家屋5棟以下でその他の建物なら10室以下、管理は管理会社に委託し、家賃収入は年500万以下でなければいけません。

この条件を満たせば、副業ではなく資産運用として容認されることがほとんどです(状況によって異なります)。

公務員以外なら、資産運用のための投資なら、基本的には容認されています。投資であれば、勉強時間を除けば特に時間も掛からず、本業に支障が出るほどの労力もいらないからです。なので法律的に安全に副収入を得たい場合は投資を行うことをお勧めします。

副業で失敗する人ってどんな人?意識するべきポイントとは?

働き方改革の一環として、労働者の金銭的な不安を解消していくために、副業を許可する企業が増えてきました。しかし、これからいざ副業しよう!と思った時に間違って危険な選択をしないために「落とし穴」を見抜く能力を養う必要があります。

今回は、これから副業をしていくにあたって、正しい認識をもっていただくと同時に、仕事選びで意識するべきポイントについて紹介していきます。

まずは副業に関して正しい認識を

副業はあくまで本業以外の余った時間を割いて行うものであり、本業がおろそかになってしまうような副業を選ぶべきではありません。ただし、「片手間にやる仕事」として副業を割り切りすぎて軽い気持ちで仕事をすることは、依頼主に迷惑をかけるのみならず、法的なトラブルに繋がることもあるのでそのバランスも考えなければなりません。

また、自分自身の能力や体力の限界を超えるようなスケジューリングをしてしまうと、本業と副業の双方のクオリティの低下につながり、顧客や職場の仲間に迷惑をかけてしまうので「セルフマネジメント」をさらに意識して生活しなければなりません。

社会人としてこのようなことを理解している前提で副業を行いましょう。

仕事選びで注意するべきポイントとは

副業には様々な種類があります。そういった中でもネットなどで怪しい広告を見たことがある人も多いのではないでしょうか。代表的なものは「スマホで1日5分!簡単に月収50万アップ!」のようなものです。

このように直感的に危険な匂いがする広告の他にも、巧妙な手口で副業を紹介し自社の製品を高額で購入させようとする業者もいます。

例えば正しく動作しない株やFXの自動売買システムを数十万で売りつけるなどといった手口です。このような業者は顧客に対して「初期投資数十万で永続的に収益を得られる」かのような意識を芽生えさせる宣伝をしています。

ひと目見ただけでは気づけないような手法に惑わされ、副業を失敗している人がたくさんいます。

ではどうしたら、そのような広告宣伝に騙されずに済むのでしょうか。失敗する人たちに共通している点は、「楽をして大金を得られる夢のような副業がある」という意識があるということです。

中にはそういう副業があるかもしれませんが、あまりにも都合が良いものには裏があると考え、疑ってみることをお勧めします。

今後は副業がどんどんメジャーになっていく

世の中の動きや技術の進歩に伴い、人々の働き方も変化させていく必要が出てきています。そこで副業は今後さらにメジャーになっていくだろうということが近年話題に上がっているのです。

では具体的にどのような背景からこのように囁かれるようになったのでしょうか?その理由を簡単に紹介していきます。

終身雇用制度の崩壊

まず、終身雇用制度の崩壊があります。経団連の中西会長やトヨタ自動車の豊田章男社長は「終身雇用を守っていくのが難しい局面に入ってきた」と言及しています。これはコロナウイルスが流行した2020年以降、拍車がかかっていくことでしょう。

コロナウイルスも絡んで、終身雇用が当たり前だったひと昔前に比べると、将来への見通しがより一層立てづらくなってきていおり、不安を感じながら仕事をしている人が増えてきました。

そこで企業側は労働者の不安を解消して、職場を活気づけたい・労働者の満足度を高めたいと考えたのです。副業を促進することで金銭的にも技術的にも不安を軽減し、本業の仕事も頑張ってもらおうというわけです。

少子高齢化による労働力の減少

少子高齢化による労働力人口の減少も深刻化してきています。中小機構の調べによると、中小企業のうち約74%が人手不足であると回答しており、多くの企業は外国人労働者やシニア雇用などでやりくりしている状況です。

2020年において、人口自然減(死亡者が出生者を上回り国民が減る現象)が初めて50万人を超え、日本は超高齢化社会に突入したとも言えます。これから先、ますます労働力の確保は難しくなるでしょう。

日本の労働力人口の推移(厚生労働省資料による)
出典:厚生労働省

このような状況では、貴重な労働者にはできるだけたくさん働いてもらって、生産性を高めていかなければ日本の企業は衰退していってしまいます。1人が複数の仕事をこなすことで、労働力不足を改善できるのです。

単線型キャリアパスからの脱却

「単線型キャリアパス」とは、「新卒で入社した会社で係長、課長、部長・・と出世することで昇給を目指し続ける」といったような、選択肢の少ないキャリアパスのことです。前述にもありますが、今までは終身雇用が当然だったため昇給するためには出世するしかありませんでした。

しかし、従業員の多様な価値観に対応していこうという考え方が強くなってきています。様々な選択肢を与えられるような新たなキャリアパスを構築することが重視され始め、副業を推奨するという結論に至ったのです。

単線型の日本のキャリアパスでは、ライフステージに合った仕事の仕方を選択しにくい。これに対し、転職が不利にならない柔軟な労働市場や企業慣行を確立すれば、労働者が自分に合った働き方を選択して自らキャリアを設計できるようになり、付加価値の高い産業への転職・再就職を通じて国全体の生産性の向上にもつながる。

出典:首相官邸「働き方改革実行計画」より一部抜粋

これらはあくまで一例にすぎませんが、時代の変化に伴って世の中には多くの問題が生まれ、人々の考え方も変化してきました。それらに対応するための1つの手段として、「副業・兼業」を推奨していくことで、働き方に柔軟さを生み出していこうという傾向が強くなっているのです。

そして2018年1月、厚生労働省がモデル就業規則を改定することによって本格的に副業を促進し始めました。このように現代の日本社会には副業を推奨する流れがあり、今後はさらにその色は濃くなっていくことが考えられます。

副業ってどんな種類があるの??

では副業にはどんな種類があるのでしょうか?平日は本業の仕事をして、週末はアルバイトといったことなどがイメージされるかなと思います。しかし、副業とはひと口いっても様々な種類があります。それらを特徴ごとにまとめていきます。

投資・資産運用

投資は長期的に多額の収益が得られる副業です。初期投資は必要ですが、時間的にも体力的にもほとんど負担がかからないといったメリットがあります。有名なものでは不動産投資や太陽光投資、FX、株、仮想通貨などがあります。

投資の種類によってリスクが異なるため、ある程度は事前に勉強をしておく必要がありますが、融資等で元手資金さえ用意することができれば簡単に始めることができるため、仕事が忙しい人でも始めやすい副業の1つです。

ネットビジネス

空いている時間や家にいる時間を利用して、PCやスマホ1つで稼ぐ方法です。アンケートに答えるだけの簡単な仕事から、システム構築などの難しいものまで業務内容は様々で、仕事が難しければ難しいほど収入も増えていきます。有名なものではクラウドワークスやアフィリエイト、インスタグラマーなどがあります。

アフィリエイトの詳細はこちら https://baiden-king.com/knowledge/8057

ただし、ある程度の時間の確保とと技術力がないと、十分な収益が得られないといったデメリットがありますが、お金を稼げる以外にも、仕事によっては専門的なスキルも身につけられるため、キャリアアップを目指したい人におすすめの副業です。

アルバイト

休日にアルバイトをして収入を得る副業です。安定した収入を得るためにはもっとも適している方法です。しかし、想像していただけるとわかる通り、たくさんの時間が必要になる上、体力的にも負担がかかるので本業との兼ね合いが非常に難しくなります。

薬の治験や覆面捜査官など、仕事の種類が豊富なため、自分にあったアルバイトを見つけられるかもしれません。

このように、副業には様々な種類があります。目的によって選ぶ仕事も変わってくると思いますのでしっかりと調べて、自分にあった副業を見つけてみてください。

仕事の片手間に太陽光発電投資

ここまで、様々な副業を紹介してきました。そのなかで特にオススメしたい投資のは太陽光発電投資や不動産投資のようなストック型投資です。

太陽光発電投資は近年、急成長をしている投資の1つで、国策に沿っている点から将来性が高いと注目されています。また、20年間運用するものなので、長期的に安定した収益を見込めます。

太陽光投資は「太陽光発電で作った電気を売る」という投資です。投資家の人は太陽光パネルやその他の機器を購入して発電し、その作った電気を電力会社に売っていきます。

太陽光投資の基礎を知りたい方はこちら https://baiden-king.com/ebooks

太陽光投資は保守・運用を楽に行うことができます。システム自体が電子機器であるため、もし故障が起きた際には投資家自身が修理を行うことは、免許の必要性があったり非常に難しいです。ですから、ほとんどの人が業者に依頼して修理をしてもらうことになります。

そのため、投資家が運用中に行うことは、毎日の発電量を遠隔監視モニターで確認することだけです。モニターをチェックして発電量が極端に下がっていたり、どこか異常があると感じた場合は業者に連絡をして修理をお願いすればいいのです。

さらに、もともと業者が定期点検を行ってくれる場合が多いので、それほど異常が発生する頻度も多くないのです。しかし、太陽光発電にもリスクはあります。例えば、日当たりが悪い地域に設置してしまうと売電が十分に行えなくなってしまうので想定より収益が下がってしまうことがあります。物件を購入する際に立地をしっかりと確認することで、リスクは抑えることが可能です。

物件購入時にリスクをできるだけ抑え、仕事帰りにモニターを見て異常がないかチェックすればいいだけという点から、副業に適した投資であると言えるでしょう。太陽光投資を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

編集後記

いかがでしたでしょうか。今回は副業の線引きから、知っておくべき知識、副業の種類を紹介し、その中の太陽光発電投資の特徴について簡単に解説していきました。副業は収入源を増やして、生活を豊かにするものではありますが、社会人として正しい認識を持った上で慎重に仕事選びをしてみてください。みなさんにあった副業と出会って、充実した毎日を送ってください。

太陽光投資物件を見る

あなたにオススメの記事