【プロの視点】第1回『太陽光発電投資を始めるにあたっての物件の選び方』

こんにちは、メディオテックの浅野と申します。

これから太陽光発電投資を始めようという方もまだまだ多いかと思います。そこでシリーズ第一回では、誰もが気になるであろう『物件選びにあたって重要だと思われるポイント』をいくつかお伝えしたいと思います。

※本コラムは個人の感想であり、内容を保証するものではありません。

太陽光発電投資で一番重要なのは『日照』

まず、物件選びで大事なのは、なんといっても『日照』ですね。日照具合は見る時間帯や季節にもよって異なりますので、きちんと見極めるのは実はプロでも難しかったりします。ましてや一般の方が見極めるとなると、よほど周りに何もない土地でない限りかなり困難です。

そんな中、これから太陽光投資を始める人が見るべきポイントは木です。周りに木がないかどうか。木や建物が周りにないかどうかであれば誰でも見ることは出来るかと思います。ただ、その木や建物がどれくらい影になるかというのは分からない部分が多いかと思いますので、見るポイントとしては真西と真東に茂ってる木や高い建物がないかどうか。これだけでも物件の購入前にご自身で見ておかれたほうがいいです。

あと意外と山を気にする人が多いのですが、山は実はそれほど気にする必要はありません。山が近くあるかないかは実は日照にあまり関係ないことが多く、それよりも近くにあるものを気にされたほうがいいです。なぜなら多くの場合、山は遠くにあるため影になりづらいんです。多少冬至に日が短くなったとしてもそれほど発電量に影響はないので、それよりもガッツリ発電所内に一本、木が生えていて陰が出来てしまうとか、そちらを気にされることの方が重要です。

そこまでパネルメーカーにこだわる必要はない

次に皆さんが気にされるのがパネルやパワコンのメーカーかと思います。まずパネルに関してですが、結論から申し上げますと、ある程度大きなパネルメーカーであれば、どこも発電量においては基本的にそれほど差はないと考えています。

ただ、融資が通る、通らないはパネルメーカーによって変わってきますので、融資を検討されている方は最低限融資が通るパネルでないとダメです。トップ20に入るような一流メーカーであれば最近はどこもかなり品質が向上していますので、パネルの性能という点ではどこもさほど変わりません。

因みにセルはどこのメーカーもほぼ100%中国で作っていますので、その点においても品質の違いはほとんどないと考えて宜しいかと思います。発電量が10%違う、といったようなことは基本的にあり得ません。0.何パーセントの違いはありえたとしても、それは無視できる範囲ではないでしょうか。それよりも、繰り返しにはなりますが、日照の方が重要です。

倒産するリスクはどんなパネルメーカーにもある

小さいパネルメーカーだと会社が倒産したときに保証が効かないんじゃないかと心配される方も多いかと思います。ただ潰れるときはどんな大企業でも潰れますし、どんな企業にも潰れるリスクはあります。ただ、数年前に当時最大手のパネルメーカーが倒産したときのように、日本法人が保証を肩代わりしたりですとか、大体のケースでは第三者保証が入りますから、ある程度大きなメーカーで買っておけば間違いはないかと思います。ですので結論として、そこまでパネルメーカーにこだわる必要はないと考えています。

パワコンもどこのパワコンメーカーがいいかは一概には言えません。同じ環境化で各メーカーを比べたときに、私個人としては各社そんなに差はないと思っています。こちらも変換効率が0.何パーセントの違いの世界ですし、性能の差が目にみえてあるかというとそうは思っておりませんので、何かトラブルが起きたときにすぐに走ってくれるメーカーかどうかが最も重要だと思います。

海外メーカーでも国内に拠点があればトラブル対応は出来るますので、そこを一つの基準にしてみては。逆に言うと国内に拠点がない海外メーカーはあまりオススメはしないですね。

プロフィール

浅野 瑞基(あさの みずき)
株式会社メディオテック 取締役

株式会社メディオテック営業部門最年少部長として、太陽光発電の投資物件や購入後の運用サポート体制についても精通。また、自身も太陽光発電所オーナーであるため販売業者側、投資家側両方の視点から考え、判断することができる。
「お客様に対しては嘘をつかず、本音を包み隠さずお伝えすることによって、信頼が生まれると思っています。お客様にとって答えやすい質問から徐々に掘り下げていくことによって、おのずと課題が抽出されてきます」
という言葉通り、親身にお客様の相談にのることから、投資家様の厚い信頼を得ている。

編集後記

まだまだ太陽光投資について聞きたいこと、知りたいことが沢山あるかと思いますが、皆さまからお問い合わせいただくもので多いものから順次シリーズにてお伝えしていけたらと思います。LINE@でも随時配信して参りますので、まだご登録がお済みでない方はぜひご登録いただき、お見逃しのないように!

太陽光投資物件を見る

あなたにオススメの記事