太陽光発電投資に向いている人、不向きな人とは?

「太陽光発電投資が大人気の5つの理由」を読んだ方は太陽光発電投資のメリットを理解いただきましたでしょうか。

しかしながら、まだ太陽光発電投資に馴染みのない皆さんには「どんな商品なのか」「なぜ低リスクなのか」という疑問を払拭するには早いように思います。

本記事では太陽光発電投資の難易度や他の投資商品との比較を行い、自分に向いている投資なのか、そうではないのかを学んでいきましょう。

投資未経験、投資初心者

太陽光発電投資は、圧倒的に初心者向きの投資といえます。なぜなら学習コストが限りなくゼロに近いからです。

投資商品である以上、当然リスクについてや発電所づくりのコツなど、本当に何も知らなく良いということはあり得ませんが、金融投資や不動産投資ほど学ぶことが多くありませんし、きちんとした会社から購入すれば、それだけで充分に安全の担保になっているでしょう。

本記事での詳しい考え方を記すことは控えますが気になる方は以下の記事もご覧ください。

「太陽光投資は詐欺?嘘くさい?失敗して後悔しないために押さえておきたい大事なポイント」

太陽光投資は国に担保された事業計画の通りに収益が上がるので、購入時点で一定の注意点をクリアすることができれば、引き渡し後に追加で勉強をすることは不要といえるでしょう。

学習や副業に時間を割けない方

副業を始めれば 物理的な時間は当然奪われますし、不動産投資や金融投資にしても、何か新しい投資を運用するためには事前準備や運用しながらトライ&エラーをすることは必須といえるでしょう。

太陽光発電投資はそういった物理的障害を起こすことなく事業収入を獲得することができます。

しかしそのためには、きちんとした「メンテナンス契約」、「土地の選定」など重要な方針を理解しておく必要があります。「太陽光投資は詐欺?嘘くさい?失敗して後悔しないために押さえておきたい大事なポイント」でお伝えしたように、太陽光発電販売事業者の中には高い利回りを公表しておきながら、メンテナンスに関しては一切責任を追わないという会社も存在します。きちんとした情報を頭に入れ、営業担当者と念入りに打ち合わせを重ねることをおすすめします。

それさえきちんと行っておけば、後に心配することは非常に少なく、トラブルになってから勉強をすることもなく、安心した20年間の売電を行えるでしょう。

株など変動型の投資を運用中の方

ここまでご覧いただいている方はもう太陽光投資の大切な要素「売電保証」「安定性」については納得されているかと思います。多くの太陽光発電事業者は太陽光投資だけでなく、株やFX、最近では仮想通貨など、様々な投資商品を運用しています。

特に金融投資においてはリスクを抱える分、リターンも大きく、手前の収益をみると非常に魅力的な投資といえます。しかしながらファンダメンタルズを考慮することやリーマンショックなど大きな問題があれば非常に大きなストレスを抱えるのももはや一般常識ですね。

太陽光投資はポートフォリオの1つとして、金融投資や不動産投資の枠を超えた資産全体の「安定性」を担保するに非常に向いているといえます。

実際に太陽光投資オーナーの4割は不動産投資、8割は金融投資を並行して行っています。

株式会社メディオテックの太陽光発電投資 太陽光発電投資家が併用している投資商品

太陽光投資発電に向いていない人とは

太陽光発電投資は安定的な運用ができる反面、爆発的な値動きなどはありませんから、常に「ハイリターン」に挑戦したい人には向いていません。

もう1つ「短期」で決着をつけたい人にも向いていません。20年間も固定価格買取制度をベースに運用する投資ですから、長期運用の必要があります。

さらに、太陽光発電投資が大人気の5つの理由でご説明した通り、ローンを組んでイニシャルコストを抑えられるのも太陽光発電投資のメリットです。
長期ローンを組むことに抵抗がある方は、難しいとお考えでしょう。しかし太陽光を買うためのローンはお金を生むローンです。収支計画がしっかり立てられていれば、それは「良い借金」。前向きに検討しましょう。

太陽光投資物件を見る

あなたにオススメの記事

記事一覧へ