太陽投資で損しないための必須条件。物件の土地はどのような条件がいいのか

太陽光投資の命「日照時間」

一日の「日照時間」が7時間程度からの土地を発掘し、営業マンが現地に赴き調査した物件、太陽光発電投資向きの土地をご用意しております。

雨の日には発電はできないのでは?と思っている方もいるかもしれませんが、発電量は0になるわけではありません。夜があければどんな天気であっても、夜が明けたことがわかるように、実際にどれだけ雨が降っていても、昼間の太陽光は地表に届きます。つまり、地表に届いている太陽光は0ではないということを意味しています。昼間であれば多少なりとも発電しておりますので、快晴かどうかは大きな問題ではありません。それだけ太陽光の力は強く地球にエネルギーを届け続けているので、太陽光が少しでも照射されれば、太陽光パネルは電気を発電します。曇りの日でも発電しております。快晴の日を100とすると、曇りの日は40〜60%、雨の日は10%程度の発電量をとなります。

「日照時間」が長いエリアの場合、たとえ1時間当たりの発電量が落ちようとも、総合的に見ると売電量が増えます。日本国内で「日照時間」が長いエリアは太平洋沿岸地域が挙げられ、例外はありますが山梨県や宮崎県、高知県、群馬県などが太陽光発電に有利といえるでしょう。
気象庁のホームページでは47都道府県の日照時間のデータが公開されていますので、参考にすることができます。
気象庁ー期間合計日照時間一覧表

太陽光発電でよく聞くのが日射量です。「日照時間」には明確な違いがあります。「日照時間」は太陽が地面を照らした時間を指す言葉で、日射量は太陽から降り注ぐ光エネルギーの総量、光の強さを指しています。

物件の南側だけでなく東と西の状況も確認

太陽光パネルの設置方角で一番効率がよいのは、日当たりのよい南側(もしくは南東、南西)がベストです。しかし、これはあくまでも理想です。実際は東側や西側でも発電量はありますので、設置業者によるシミュレーションにて発電量を把握しておく事が重要となります。もっとも避けたいのは北向きです。真南向きの発電量を100%とした場合、北向きは約65%程と言われています。(設置する地域・地形等によって異なります)
また、太陽光パネルのもっとも発電に適している角度は、傾斜角20~30度とされています。角度によって変わる発電量は最大でも10%程度と言われていますので、積雪や近隣の木陰の影響などにも考慮して、設置角度や方角を決めることが重要となります。
期待する投資効果を得るためには、リスクをきちんと把握し信頼のできる設置業者を見つけることも重要になります。

斜面や崖の横などは要注意

投資用の太陽光発電所は、地価の安い地方や郊外で探すことで投資のイニシャルコストを下げる意味でも重要です。南向きの傾斜地でも、山林のような伐根や整地が必要となってしまう土地は、太陽光発電には不向きといえます。

太陽光発電施設はそれなりに重さのあるものです。高層マンションよりは軽いものの、軟弱地盤に設置して地盤沈下の被害にあっては利回りがいいどころではありません。斜面に設置する場合は土砂崩れなども要注意です。設置前に地質調査を行い、地中がどうなっているのかを確認する必要があります。雨水により土が削られたり、近隣の土地に雨水が流出したりすると、発電所の耐久性の確保が困難な事だけでなく、近隣トラブルなどを招きます。

近くに崖や傾斜面がある場合、土砂をしっかりと止める工夫がなされているのか、さらに、現地の土砂への対策の他に都道府県の災害関係の情報も参考になります。

太陽光投資物件を見る

あなたにオススメの記事

記事一覧へ