利回りとリスクで太陽光投資とほかの投資商品を比較してみよう

不動産投資

不動産投資とは、マンション・アパートなどの不動産を購入して、その不動産の家賃収入を収益とするものです。
購入した不動産を売却して売却益を得ることも不動産投資になりますが、現在は家賃収入によるものが主たる不動産投資となっています。
利回りをしっかりと計算し、キャッシュフローを組んでおくことで利益を出せるため、高利回りの物件を探すには不動産会社が提示する想定利回りだけでなく、実質利回りをきちんと計算したうえで、物件の需要を見極めることが大切です。
部屋の広さや日当たりなどの条件が悪くても、家賃でバランスを取ることで借り手はつきます。不動産会社が提示する想定利回りの家賃を鵜呑みにせず、実際の物件や周辺の家賃相場を見比べ、実際に借り手がつく家賃を想定しておくことが必要です。家賃を下げると利回りは下がりますが、借り手がつかなければ不動産投資で利益を出すことはできません。
一度借り手がつけば不動産投資は安定して収益を出し、所得を増やすことにつながるため、きちんと物件を見極めることが大事なのです。

コインランドリー・コンビニ

コインランドリー

コインランドリー投資とは、店舗に洗濯機や乾燥機などを設置して、その利用料で収益を上げる投資方法で、店舗運営的な側面があるのが特徴です。

コインランドリー投資をするためには、コインランドリー屋を経営することになりますので、開業するためにはさまざまな費用・初期投資がかかります。(初期投資の基本的な費用、店舗の賃貸契約料、洗濯機・乾燥機設置費用内装工事費用)

投資の利回りですが、店舗が賃貸物件の場合で10~15%程度、自分の所有物件の場合は20%程度の利回りが見込める可能性があり、初期投資の回収も短期間で行えます。

すでに店舗を所有している場合であれば、初期投資を大幅に削減できますが、店舗から仕入れてコインランドリー投資を始めるとなると、かなりの初期投資となるため、初心者投資家がいきなり始めることにはリスクを伴います。
そこで、投資を購入ではなく「リース契約」にすることで、初期投資額をおさえることも可能です。リースであれば故障した場合のメンテナンスについても保証してもらえるため、コインランドリー投資がはじめてという場合は、リースを利用したほうがよいでしょう。

さらに、コインランドリー投資は景気に左右されにくいことも特徴です。景気が後退すれば節約志向が高まるため、クリーニング店よりも安価で洗濯することができるコインランドリーのニーズが高まります。節約志向の利用者ばかりでなくこだわり派の利用者にとっても、コインランドリーでの洗濯物の仕上がりに対する満足度が高いことから、幅広い需要に対応することができます。こうしたことから、コインランドリー投資は景気に左右されにくいといえます。
一般的なビジネスにおける代金や売掛金の未回収リスクや、アパート・マンション投資における賃料滞納リスクなどとは無縁なので確実な現金ビジネスのため、安定的に堅実な投資を行うことができます。
どんなビジネスでもそうですが、コインランドリー投資にも赤字のリスクがあります。集客がうまくいかずに売上が軌道に乗らない場合、赤字となるばかりか融資の返済すら滞納するという最悪のケースも考えられます。さらに「洗濯機や乾燥機など機械の故障」「いたずらや盗難」「利用者からの理不尽なクレーム」「不審者等による迷惑行為」など、無人運営ならではのトラブルが発生するリスクがあります。

事前の商圏調査や売上げ予測、資金計画、投資計画、集客方法などを綿密に策定して、万一のリスクに備えておく必要があります。

コンビニ

土地の有効活用として、コンビニの建物投資は有効です。
コンビニ業者と協力し、店舗を出店するための土地を貸し出すという方式の投資になります。また大別すると、2つの方式があります。

■リースバック方式:土地オーナーが自己資金でコンビニ店舗の建物を建築した上で、コンビ二業者へ賃貸する方式。

事業用定期借地方式:土地オーナーがコンビニ業者へ土地を定期借地するだけで、まとまった自己資金などは必要としない方式。

コンビニ建物投資のメリットは、法人税・所得税・相続税・贈与税の減税効果があります。また、相続においても、現金や有価証券などに比べ、評価額が減額され有利になります。
収益性も魅力です。同じ敷地面積で賃貸住宅を経営した場合と比べ、1.5~2倍程度の賃料収入が得られる場合もあるほどです。また定期借地方式であれば自己資金0円で行えるのも魅力と言えます。
デメリットは、コンビ二はどこでも出店できるという訳ではなく、都市計画法上の用途制限、各行政庁による指導、商圏内の需要等の諸条件などを満たすエリアでなければなりません。また、実際の賃料収入はそのコンビニ店舗の売り上げに大きく左右されますので、この点、オーナーは為す術がありません。また、固定資産税や都市計画税の優遇措置も、賃貸住宅とは異なり、適用されることはありません。

駐車場投資(土地活用)

土地を駐車場として賃貸することで収益を得るのが「駐車場投資」です。
駐車場投資は、アパートの家賃のように、利用者との間で駐車場使用契約を結んで、月単位で駐車場代を支払ってもらう「月極駐車場」と、時間貸しの「コインパーキング」として運用する方法の2通りがあります。
月極駐車場は、土地を所有している場合、区画分けして貸し出すだけなので、特段の初期投資がなくても簡単に始められる点が最も大きなメリットです。ただ、コインパーキングに比べると、毎月得られる利益に限界があるため、そこまで高い利回りは見込めない点には注意しなければなりません。短期間で大きな収益を出すタイプではなく、長期にわたってローリスクローリターンとなる投資です。そのため、多少稼働率が落ちたとしても、あまり慌てず、長い目で見て経営していくことがとても重要になります。
月単位で貸し出す月極駐車場に対して、コインパーキング投資は時間単位で駐車スペースを貸し出す投資方法です。都内であれば、1時間あたり1,000円以上の収益を上げられる可能性もあるため、月極駐車場に比べて利益が高いという特徴があります。アパート投資のような高額な投資でハイリスクを負いたくはないけれど、月極駐車場よりは高い収益を出したい方には向いています。

変動相場商品

変動相場制とは、為替レートを市場での需給に応じて自由に決める制度のことです。日本では1971年のニクソン・ショックまで1ドル=360円の固定相場制であったが、1973年から変動相場制に移行しています。

変動相場制は2種類に分けることができます。
ひとつは、自由変動相場制(フロート制)という、規制がなく需給で相場が変動する制度です。日本・アメリカ・EUといった多くの先進諸国・地域で採用されています。ただし、前述のように行きすぎた為替変動に対しては、市場介入を行う場合もあります。
一方、新興国などは、自由変動相場制を採用していても積極的に市場介入を行い、自国通貨高が経済成長を阻害しないようにしています。身近なところでは韓国やフィリピンが、他にもブラジルなどが積極的な介入をしています。
もうひとつは、管理変動相場制(管理フロート制)です。
こちらは、中央銀行等が為替相場の基準を定め、そこから一定の範囲内でのみ自由に取引できるとした制度です。
積極的な市場介入をする自由変動相場制よりも効果的に、通貨の変動をおさえることができます。驚異的な成長を続けている中国はこの制度をとっており、アメリカなどから批判を受けています。自国の経済力よりも通貨を安くしやすい制度です。
変動相場制のメリットは、貿易などの不均衡が自動的に正されやすいという面です。通貨の売買が容易なため、もし日本が大幅な貿易黒字がある時は、ドルの流入が大きくなり「ドル安円高」方向に進んでいきます。そうなると、貿易黒字が抑えられる方向に進む事になります。
デメリットはなんと言っても、相場が安定しないという事です。
通貨自体が投機の対象となるので、急激な乱高下を引き起こしたりします。
安定が無くなれば、貿易の輸出入が安定せず国内経済への影響が出てきます。
初心者のうちはいくつかの会社を使ってみて、自身に最適な条件を提示している会社を選ぶのが肝心です。自分のスタイルを見つけてから、それに見合った手数料の安さや情報量などを加味して選ぶのもひとつの手です。

株式投資に限らず、先物取引やFX(外国為替証拠金取引)などに対しても、多くの人が漠然とギャンブル的な成功と失敗のイメージを持っています。
しかし、株式投資や先物取引、FXはギャンブルとは違います。すべてを運に任せるようなゲームではないので、投資に対する目的と範囲を明確にし、リスクを考慮にいれて行なう資産運用だと考えましょう。
もちろんリスクはありますが、生活ができなくなるほどの損失を招かないように、冷静に投資判断を行なうことが重要です。

太陽光投資物件を見る

あなたにオススメの記事

記事一覧へ