【第10回】投資家様インタビュー『太陽光発電投資は販売会社のデューデリジェンスを行うことが重要』

メディオテックから投資物件をご購入いただいた投資家様に話をお伺いする企画。

記念すべき第10回目は、会社を経営されているM.S.さんにご登場いただきます。以前は不動産投資もされていたM.S.さん。現在は、投資用太陽光発電所を15基のほか、金融資産などを運用されているベテラン投資家様です。そんなM.S.さんに、投資に対する新型コロナウイルスの影響や投資用太陽光全般について伺いました(今回は新型コロナウイルスのため、ソーシャルディスタンスを保つ目的でSkypeミーティングを通してインタビューを行いました)。
(聞き手・編集︰石川良治)

プロフィール

会社経営 M.S.さん 54歳

太陽光を高圧と低圧あわせて15基所有し、ほかにも金融商品などで投資を行っているダンディなベテラン投資家。
ベテラン投資家の視点で、コロナウイルスの影響と今後、投資用太陽光参入時のリスクヘッジや運用実績などを、丁寧に答えていただきました。

株式会社メディオテックの投資用太陽光発電所を購入し、現在運用中の会社経営者

新型コロナウイルスと投資の現状

Q. 太陽光発電投資の運用はどのくらいされていますか?

2015年から始めたので、約5年になります。

M.S.さん

Q.太陽光以外で投資されているものはありますか?

不動産投資は以前していました。土地の価格などを見て再参入することも考えています。あとは金融商品を保有しています。

M.S.さん

Q.MSさんの投資ポートフォリオにコロナウイルスの影響はありましたか?

金融商品(株式・債券・デリバティブ)は一気に相場が下がりましたから、やはり影響はありました。

M.S.さん

Q.今後の見通しはどのようにお考えですか?

ニューノーマルという言葉が出てきましたが、コロナ以前には戻らないっと思います。例えばテレワークが根付けば必要なオフィススペースは少なくて済みます。
不動産価格形成に距離や時間という要素が大きな影響を与えていますが、今後は価値の概念が変化し、価格に影響を与えると思います

M.S.さん

Q.太陽光発電投資も影響は受けると思いますか?

太陽光発電投資は新型コロナウイルス問題の影響を受けませんでした。

M.S.さん

太陽光発電投資は販売会社のデューデリジェンスを行うことが重要

※M.Sさんが所有されている太陽光発電所の写真の一部

Q. 太陽光発電投資を知ったきっかけはなんでしたか?

会社に勤めていたときに、仕事の上で海外の太陽光発電投資の情報を得ました。日本でも始まっていて、なかなか良さそうな投資商品だったので、自分も始めて見ようと思いました。

M.S.さん

Q. 現在、何基運用されていますか?

高圧、低圧含めて全部で関東一円(千葉、埼玉、群馬、栃木)に15基運用しています。

M.S.さん

Q. 太陽光発電投資に参入すると決めたポイントはなんでしたか?

高利回りだったっことと、2015年当時は一括償却が可能で税制優遇があったことが決め手でした。

M.S.さん

Q. メディオテックからご購入いただいたのはどちらの物件ですか?

2基購入しまして、栃木県真岡市と千葉県の横芝光町(*1)にあります。
(*1 横芝光町は千葉県山武(さんぶ)郡に属する、九十九里浜付近の町)

M.S.さん

Q. これまでの発電実績は、購入時のシミュレーションと比較してどうですか?

メディオテックさんから購入した物件は年間で5%くらい上振れることがあります。全体見ても大きく下振れいてる物件はひとつもないです。

M.S.さん

Q. 購入するまでどのような点で悩まれましたか?

販売業者選定に一番悩みました。なにしろ太陽光発電投資は20年という長期運用なので、信用リスクがあります。当時は上場企業もなかったので、デューデリジェンス(*2)にあたっては、これまでの業歴などを参照しました。それで4社に選定しました。そのうちの1社がメディオテックさんです。
(*2 デューデリジェンス=投資をする際に、投資対象となる企業や投資先の価値やリスクなどを調査すること)

M.S.さん

Q. 投資用太陽光の物件比較サイトなどを利用されましたか?

最初の何基かは使いましたが、選定した会社が決まった後は、直接営業担当さんとやりとりして購入するようになりました。

M.S.さん

Q. メディオテックから購入していただいた理由はなんでしょうか?

紹介してくれた物件が関東だったことです。関東のなかでも地域の分散リスクで栃木と千葉を紹介していただきました。
営業担当さんも非常に熱心に営業してくださって、いろんな質問をぶつけても真摯に対応していただけたんです。それで信頼が築けました。

M.S.さん

Q. 低圧・高圧両方お持ちですが、どちらのほうが良いですか?

初めた当時は低圧だけで、高圧はたまたま売り物件があったので購入しました。

M.S.さん

Q. 高圧のほうが利幅などは高いと思いますが、初めて太陽光に参入する場合は低圧からが良いでしょうか?

初めての方は、低圧のほうがやりやすい思います。

M.S.さん

投資用太陽光発電設備の運用とメンテナンス

※M.Sさんが所有されている太陽光発電所の写真の一部

Q. 太陽光のメンテナンスなどの運用面はどうされていますか?

数が多いので頻繁には行けないんですけど、自然に晒されているものなので、自分自身でも年に1回は最低でも見に行くようにしています。現地に行ってみないとわからないこともありますからね。

M.S.さん

メンテナンス契約については、購入業者さんにお願いするパターンと、メンテナンス業者さんにお願いするパターンも両方あります。金額とサービスによって変わりますね。

M.S.さん

Q. 遠隔監視は毎日確認されていますか?

大変ではあるのですが、15基全てモニタリングは毎日しています。モニタリングをしていると、トラブルに関していち早く分かり、即時対応もできるので、モニタリングはしたほうがいいです。

M.S.さん

Q. 遠隔監視(モニタリング)では分からなかったけど、現地に行ってみたら大変なことになっていたことはありましたか?

法律で義務付けられている看板が飛んでしまっていたこともありました。さすがにそれはモニタリングではわからないですから。

M.S.さん

Q. 実際に太陽光発電投資を運用してみて良かったことと、後悔したことはありますか?

物件の現状を確認しにいく上でも、出力抑制の面でも関東一円に絞ったことは正解だったと思っています。集中して回れば3日か4日で終わりますから。
逆に後悔と言うか、運用して後から分かったことは、雑草対策が砕石敷きや防草シートが思った以上に効果的だっていうことです。今は実践しています。

M.S.さん

太陽光発電投資の今後について

Q. 低圧の20年間の売電期間終了後について考えていらっしゃることはありますか?

現状ではまだ不透明だけど、土地を購入した物件はそのまま卒FITのように、売電単価が下っても売れればいいかなと思っています。ただ、あまり期待はしていません。

M.S.さん

Q. セカンダリ(太陽光発電所の中古市場)についてはどうお考えですか?

売り手の目線次第だと思いますね。しっかり利回りが確保できているなら妙味がある。ただ、まだ税制が固まったいないので、なんとも言えないですね。不動産と同じように、5年経過後に売却したときに税制優遇されるんだったら、優良企業が持っている投資物件など、いろいろ出てくるとは思いますし。十分チャンスはあるんだと思います。

M.S.さん

Q. 太陽光発電投資について総合的な満足度は100点満点で点ですか?

満点に非常に近いです。

M.S.さん

Q. 一般的なサラリーマンにもお勧めできると思いますか?

不動産投資も太陽光も安定した投資として副業にオススメできると思います。ただし、流動性が劣るので、そこに全部の資金を費やすとなにかあったときに、現金化しにくいことになりますね。

M.S.さん

レバレッジを利かせる投資の借り入れは「悪」ではない

Q. 最後に太陽光発電投資に参入しようと考えている方にメッセージをお願いします

物件見ないで買う人もいると良く聞くことがありますが、やはり現地の地形だとか、遮るような障害物がないかとか、もろもろ状況を確認してから購入することがとても大事です。なにしろ投資金額が大きい上に長期に渡る投資ですから、現地にいって判断することは必要だと思います。

M.S.さん

Q. 日本のサラリーマンの中には、レバレッジを利かせて(ローンを組んで)投資をすることに、抵抗を感じる人がいまだに多くいらっしゃいます。その点、どうお考えですか?

レバレッジを利かせることは決して悪いことではないです。海外の富裕層などでも、自分の資産以上にレバレッジを利かせて大きい投資をする方も多いです。日本は、「借り入れは悪」みたいなイメージがありますが、銀行の借入金利が非常に安い状態が続いていますので、レバレッジを利かせて投資するメリットは大きいと思います。

M.S.さん

編集後記

今回のインタビューは、新型コロナウイルスの影響で多少違った角度でお話しをお伺いしました。しかし、太陽光発電投資に関しては多少の影響があるにしても、売電事業そのものには影響はなく、やはり安定した収益を生む事業製投資であるということを再度実感しました。いままでいろんな方にお話しをお伺いしていますが、やはりサラリーマン向けの安定投資という点は不動のようです。
太陽光発電投資はFIT認定が昨年度に終了していて、新たなステージに入っていくことになります。産業用卒FITはまだまだ先ではありますが、太陽光発電所の中古市場も含め、どのような法律や税制で運用されていくかは、今後も注目していきたいと思います。
M.Sさん、お忙しいなか、お時間頂戴しありがとうございました。

太陽光投資物件を見る

あなたにオススメの記事