【第1回】投資家様インタビュー『目標設定と複数基運用してトータルの利益で見るのが大事』

メディオテックから投資物件をご購入いただいた投資家様に話をお伺いする企画。

記念すべきお1人目は、現在自営業のT.Y.さんです。お仕事のかたわらアパート経営ののち、太陽光発電所を5基運用するベテラン実業家で、太陽光発電の運用とリスクヘッジについていろいろとお話いただきました。
すでに運用されている方にもとても参考になる事例がありますので、ぜひ最後までお読みください。

プロフィール

自営業 T.Y.さん

会社員時代にはじめた太陽光発電投資は現在5基保有で、メディオテックからはそのうち2基をご購入。
以前は不動産投資も行っていたベテラン実業家で、現在のところ太陽光発電投資は常勝。
すべては自分の眼と手が届く範囲で運用することをポリシーとしている、リスクヘッジに万全な体制を整える堅実な実業家さんです。

自分の手が届く場所で物件を吟味。メンテ費用と時間を圧縮

Q:太陽光発電投資歴と、興味を持ったきっかけを教えてください

2013年の秋からです。FITが36円の時代ですね。友人から太陽光投資を紹介されて、一緒に見に行ったのがきっかけです。
現在は5基運用してますが、うち2基をメディオテックさんから購入しました。2013年の秋に1基目、2017年の秋に5基目を購入したのですが、会社員という職業属性を活用して融資付けしたかったので、2~4基目は集中的に購入しましたね。

T.Y.さん

Q:すべての物件の購入に信販会社を使われたのでしょうか?

はい。信販会社は融資までスピードが速かったんです。銀行ですと色々な条件を付けられたり、2ヶ月以上かかったりしますし、当時はまだ太陽光に対しての信用も低かったからなかなか難しかったんですよ。

T.Y.さん

Q:保有されている5基の物件概要を教えてください。

メディオテックから購入した2基は、1基目が群馬県でFITが29円、2基目が栃木県でFITが27円です。他社から購入したものは山梨と千葉、栃木に1基ずつで合計5基になります。はじめから自分でいけるところの物件しか購入しないという決めてましたので、すべて関東圏で買いました。
昔、和歌山の物件を契約直前までいったんですが、現地にすぐ行けないのはリスクが高いと感じたので止めました。

T.Y.さん

営業・長谷川

購入当時はまだ関東圏もFITが高い物件がありましたしね。

Q:遠隔監視は毎日チェックされていますか?

毎日見てますよ。天気予報はさほど気にしていませんが、遠隔監視はパワコンごとでチェックしています。カメラも設置しているのですが、遠隔監視システムと一緒にカメラも1日1回は必ず見てます。
定点カメラでもなんでもいいので、草の状況とか、パネルが飛んでないかとか、雪が積もってないかとかが見れるだけでも便利ですよ。

T.Y.さん

Q:物件を選ぶ際に注視されたことはなんですか?

群馬の物件に関しては規模も小さかったし周りの環境もさほどいい物件ではないかなと思って、正直購入を迷いました。だけど当時はサラリーマンだったので、その属性を使って購入するのに「いつまでに融資をひく」という目標も立てていて、複数基運用してトータルの利益で見るのが大事だと思って購入を決めました。シミュレーションと価格を組み合わせて、問題なさそうであれば購入しようという気持ちでしたね。

T.Y.さん

太陽光発電の投資運用で蓄積された経験や情報を次に活かす

Q:現在太陽光以外の投資はされていますか?また、太陽光投資のどんなところに惹かれましたか?

現在はほとんどないです。以前はアパート経営をしていました。最近はランドリー経営だ、仮想通貨にマイニングだ、いろいろありますけど、なかなか難しいですよね。
太陽光投資に関しては友人と話をしていて、当時の政策をみても不動産投資よりもいいなと感じました。その当時は太陽光発電より良い投資はなかったですね。不動産投資も当時はまだよかったけれども、同じ利回りであるなら「人が介在する必要のない投資」ということが魅力でした。

T.Y.さん

Q:1基目購入時、現地を見に行ってから購入意思決定までは早かったんですか?

購入意思決定までは早かったですけど、連系までそうとう時間がかかったんです。2年近くかかったかな。FITが36円の分譲型だったので、すべての物件に買い手がつかないと工事はされないわ、工事がはじまっても時間が掛かるわで、いろいろと勉強になりました。
当時は業者さんも電力会社も理解していなくて、こちらから「次はこれしなきゃいけないんじゃないの?」とか話をすることもありました。そういうところは正直不安でしたね。だから2基目以降は購入する会社もきちんと検討しましたね。

T.Y.さん

太陽光発電所を購入するときは業者をしっかり精査すること

Q:会社選びでどんな不安がありましたか?

メディオテックは会社もしっかりしているし、場所も新宿だし、いい会社だと思ってます。
ほかの怪しい業者だとウェブだけで営業していて、申し込み金を振り込ませて、そのままドロンとかもあるんでね。
購入にあたっては実際会社にきて、従業員の立ち振舞とか、長谷川くんにどういう事業をしている会社なのかヒアリングしたりして、下調べはしましたね。

T.Y.さん

営業・長谷川

はじめ個別商談でお越しいただいたんですよね。
個別商談はいろいろな話も聞けましたから良かったですよ。長谷川くん、今は偉くなっちゃったけど(笑)当時は若かったし、色々な話をしてくれましたね。物件周りを一緒にして、車のなかでも太陽光の話をよく聞かせてもらいました。
当時から彼は真面目でしたし、それは会社に対する安心感になってましたね。ごまかすとかそういう感じはなかったです。今でも電話の対応は早くて、数年経ってもぜんぜん変わってないですよ。今回のインタビューを受けたのも彼のお願いだったからですしね。

T.Y.さん

Q:長谷川との会話から得るものがありましたか(笑)?

物件のこと、制度のこと、会社のこと。いろいろと得られた情報はありましたね。長谷川くんに期待していたのは、メディオテックがどういう会社かという情報ですね。
なにせ投資期間が20年で長いお付き合いになりますから、ちゃんと知りたかったんです。彼はちゃんと正直に話してくれていましたし、それで信用が築けた感じですね。

T.Y.さん

遠隔監視とは別に、現地に足を運ぶことはリスクヘッジの基本

Q:発電所はよく見に行かれますか?

人それぞれ考え方が違うかとは思うのですが、僕の場合年に数回は行きますね。つい最近も群馬の発電所に行ってきました。
行く目的は主に除草作業です。遠隔監視システムと監視カメラがついてますが、カメラを見ながら草の状態をみて、草刈りするか除草剤を撒きにいきます。伸びすぎちゃったら現地のシルバー人材センターに草刈りを依頼したりもします。

T.Y.さん

太陽光をやってるくらいなので当然日当たりはいいですから、土壌がいいとかなり凄い勢いで草が生えます。ある発電所ではセイタカアワダチソウが2m半くらいまで伸びて、300坪の敷地にびっちりだったんですよ。例えたら「天空の城ラピュタ」のムスカが草をかき分けて飛行石を取りに行くシーンのような状態(笑)。そのセイタカアワダチソウを枯らすのに、腕を伸ばして頭の上から除草剤を巻くような状態でしたね。

T.Y.さん

Q:それだけ草が伸びてしまうと発電量にも影響があったんじゃないですか?

正直それほど影響はなかったですね。10度の設置角度だったので、パネルの下で草がで止まってました。
でも蜂の巣ができたり、蔓がすごかったりとかで、業者が中に入れないという状態になる可能性もあったし、近隣からのクレームの可能性があったのでメンテナンスは大事だなと今でも思ってます。放っておけないですよ、特に近隣に住民がいる場合は。
このあいだ群馬にいったときは隣家のトタン屋根の上で大きな野生の猿が威嚇して飛び跳ねてましたね(笑)。それを近所の人に伝えに行ったら、おばあちゃんがロケット花火をぶちかましてました(爆笑)。

T.Y.さん

Q:そのほかに運用で気を付けていることはありますか?

しっかり保険に入っておくことは大事です。すべての発電所で保険に入っていますけど、自分のところを守るだけじゃなくて、近隣に家がある場合、施設賠償責任保険とかにも入っておく必要がありますよね。例えば、台風でパネルが飛んでいって隣家に傷つけたりとか。自分のところであれば補償で直せたりしますけど、近隣の場合はそうはいかないので。あと休業補償も入ってます。

T.Y.さん

メディオテックで物件をご購入いただくと資料をおまとめした「完成図書」をお渡ししています。T.Y.さんは保険証券なども綺麗に整理されてました

保険・メンテナンスと利回りの関係性が重要

Q:物件選びのコツみたいのはありますか?

それなりに「表面利回りがいいものを押さえておかないと」というのが大前提ですね。そこからローンの金利やメンテ、保険の固定費も考えて買わないとならないですからね。
因みにまだ数年しか経ってないですけど、僕の物件はほぼすべて上振れています。一番悪い物件でも100%で回っています。栃木の発電所は115%くらい。シミュレーションから10%以上の上振れですね。購入前のシミュレーションも厳しめに出しておいてもらったほうがいいです。

T.Y.さん

T.Y.さんの太陽光発電投資運用のポイント

  • 信用のおける販売業者を探す
  • 運用において目標とスケジュールを考える
  • なるべく表面利回りの高い物件を探す
  • 自分で現地に行って手入れができる物件を購入する
  • 保険に入り万が一に万全を期す

おわりに:太陽光発電投資の魅力について

Q:ここまで運用してこられて、太陽光投資の魅力はなんだと思いますか?

太陽光発電投資は本当にいい投資だと思っています。これ以上の投資はないですよ。最近は規制が厳しくなってきてはいますが、ちゃんとやっていれば相当いい投資だと思います。休業補償までフルに入っていたら、心配なのは雑草問題くらいです。私の場合、自分で草刈機も買ってあるので、自分で刈りにいきます。雑草もコントロールできないことはないんです。
太陽光発電投資は圧倒的に安全・安心の投資商品だと思いますので、ぜひご検討中の方はチャレンジしてみてください。

T.Y.さん

編集後記

今回のインタビューでは、主に太陽光発電投資におけるリスクヘッジについてお伺いできました。

業者選びから、メンテナンス、自己チェックなどいろいろやるべきことはありますが、ひとつひとつクリアにしていくことで、勝てる投資であることが実証されたと思います。太陽光発電投資をはじめたくても不安な点がある人、運用しているけど懸念点がある人は、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

T.Y.さん、大変有意義なお話をありがとうございました!

太陽光投資物件を見る

あなたにオススメの記事